Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
小倉将棋センターについて
所在地
北九州市小倉北区片野4丁目
20−3 泰平ビル2階

営業日時(定休日なし)
月〜金 13:00−21:00
土日祝 12:00−21:00
2月の休業日
3日(月)・10日(月)・17日(月)・25日(火)
2月のイベント
片野オープンリーグ
 開催日:1日(土) 8日(土) 15日(土) 29日(土)
 会場:小倉将棋センター
 受付:12:00−12:45
 抽選:12:50
 開始:13:00

小倉将棋センター杯
 開催日:2月23日(日)
 会場:小倉将棋センター
 受付:12:00−12:45
 抽選:12:50
 開始:13:00
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2014年12月25日(木)
0
    こんばんは。
    白濱です。

    今日はクリスマスですね。
    今日も将棋を愛する方々が道場に来ています(´▽`)

    道場にはトナカイがやって来ました。



    しかしこのトナカイ、サンタを忘れてきたそうです。
    どうりでプレゼントがないと思いました(´д`)

    ちなみに明日は私の誕生日です(@⌒ー⌒@)

    世の中のケーキ屋さんは、
    クリスマスで疲れて明日休みであることが多いので悲しいです(ノ∀`)

    誕生日プレゼントには棋力が欲しい、
    と言ったら世の中の将棋指しに怒られそうなので黙っときます。

    ではまた〜
    posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 20:12 | comments(0) | - |
    目標を見据えた二人
    0


      カテゴリは高校・中学と違うけど同じ「代表」の座を目標に見据えた二人。

      今日何回指したかも、その勝敗もまだ聞いてない。
      ただひたすら、黙々と指し静かに感想戦を行い、そしてまた指す。
      聞こえてくるのは、高い駒音と対局時計の時の刻みだけ。

      二人しかいない道場で、ボクシングの世界戦のように華やかな応援や声援はないけれど、漂う緊張感は十二分に伝わってくる。

      練習将棋でこれだけの緊張感を持って将棋が指せるなら、きっと更なる飛躍の日が遠からず来るだろうな、と思わせてくれるものがあった。

      二人の今後が楽しみです(^^
      posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 18:53 | comments(1) | - |
      北九州への将棋普及 part2 〜将棋交流会〜
      0
        こんばんは。
        しげ@席主です。

        現在、夜の0時20分。
        なぜかまだ道場にいます。

        いや、ちょこちょこ作業してたら、いつの間にかこんな時間ですよ(^^;
        早く帰って寝なきゃね。

        ということで表題の件ですが…

        前々から、福岡県内で開催される小学生の将棋大会に顔を出してて思ってたこと。
        それは、

        「北九州からの参加者、めっちゃ少ないなぁ」

        というものでした。

        北九州で大会が開催されても、それほど参加者が多く感じない。
        当然参加者自体が少ないのですから、代表を争うレベルの子供はほぼ福岡市周辺の子ばかりです。

        それで以前から、北九州の将棋の裾野を広げるべく普及活動にも力を入れたいと考えて、少しずつやれることをやっています。

        で、今回さらに何かやれないかな、と思いまして。
        思いついたのが、表題の「将棋交流会」

        道場の営業時間外を利用して、子供たちの対局の場を設けてみようと。
        そこで「北九州将棋センター」の加藤席主に協力をお願いしたところ、快諾をいただきましてとりあえずやってみることになりました。

        加藤先生、本当にありがとうございます<(_ _)>

        第1回目の期日は1月13日(月・祝)の朝9時から11時半まで。
        場所は小倉将棋センターです。
        予定定員数は20名ぐらいです。

        内容は子供同士の対局・交流ということで、将棋教室みたいな指導を行うわけではないです。
        その代わり、「小倉将棋センター」及び「北九州将棋センター」の会員以外の外部の方も参加OKで、参加料も無料です。

        ※開催前日までに小倉将棋センターへ「原則」要申込。当日来場の場合、参加人数次第ではお断りする場合もあります。

        普段、指す機会のない相手と指すことで交流にもなるし、また刺激にもなるかと思います。

        対象はとりあえず小学生以下にしていますが、余裕があればそのうち女性もOKにしたいな、と。
        なお、参加条件は下記のとおりです。

        1.小学生以下であること
        2.駒の動かし方がわかること(本将棋が指せること)
        3.静かに対局できること
        4.挨拶や駒の片付けなど、礼儀やマナーを守れること

        何でも思ったとおりにすぐ動けるのが個人経営道場の良いところ(笑)
        とりあえずやってみます。

        お問い合わせ先
        小倉将棋センター
        席主 三浦 
        筍娃坑魁檻坑苅院檻毅娃械
        posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 01:16 | comments(0) | - |
        明けましておめでとうございます!
        0
          今年もよろしくお願いいたします。

          今年は「勝負の年」

          やりたいことはたくさんあります。
          そのためにやらなければいけないこと、達成しなければいけないこともたくさんあります。

          後悔することのないよう、覚悟をもって今年を過ごしたいと思います。
          一人でも多くの方に、将棋を楽しんでいただけるように。

          幸い、人の縁には大変恵まれて昨年を過ごしました。
          今年もその縁を大事に…

          いよいよ本日13時より、本年の営業を開始いたします。
          皆様のご来場を、心よりお待ちしております。
           
          posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 10:21 | comments(1) | - |
          小倉将棋センターのHPが…
          0

            いつの間にか、1万アクセスを超えてました(汗)
            皆様、ありがとうございます<(_ _)>

            オープン以来小さい出来事はいろいろあったはずなんですが、無我夢中すぎて、今思い返してみてもあまり思い出せないなぁ(^^;

            まぁ、後悔は少なめでやっていければいいかな。

            これからも、小倉将棋センターをよろしくお願いいたします。

            posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 13:19 | comments(2) | - |
            昨日の電王戦のこと
            0

              こんにちは。
              しげ@席主です。

              半日経って、心がだいぶ落ち着いたので書かずにはいられませんでした。
              昨日の電王戦のこと。

              佐藤慎一四段は、彼が奨励会三段の頃にふとしたきっかけで知り合い、それ以降ちょくちょく福岡に来てくれて一緒に遊んだり、地元の子供たちの指導をしてくれたりという縁のある方でした。

              彼の存在をきっかけに、ネット将棋のみで将棋をやっていた私がプロの世界に興味を持つことにもなったのです。

              年齢制限ぎりぎりで奨励会を抜けてプロになったときは私もすごく嬉しかったし、現在でも、最も成績を気にかけているプロ棋士です。

              そして昨日、その彼が現役のプロ棋士として初めてコンピューターに負けた・・・

              投了の瞬間、悔しさや無念さが全部伝わってきた気がして、たまらず中継を切りました。

              いつかはこういう日が来るとは思っていましたが、やはり現役のプロ棋士がコンピューターに負ける、というのは少なからずショックですね。
              ましてや、その第1号になったのが佐藤慎一四段ですから。

              だけど、昨日の中継を見ていて自分は「あぁ、やっぱりプロは凄いなぁ」という思いを持ちました。

              対局にかける真摯な姿勢、計算能力の鬼といえるコンピューター相手に優位に進めるその棋力・・・

              たしかに、結果はとても残念でショックなものでした。
              プロとして、人の代表としてこの結果に対しては、いろいろこれから言われることもあるでしょう。

              でも、コンピューターのこの勝利が歴史的な勝利といわれるのは「現役のプロ棋士」が「真摯に、そして真剣に」対局したからだと思います。

              その「勇気と決断力」そして中継で見せてくれた「プロ棋士の対局」の全てに自分は拍手を送りたいと思います。

              佐藤慎一四段、お疲れ様でした。
              これからも頑張ってください。
              もちろん、応援しています。

              posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 10:51 | comments(2) | - |
              北九州への将棋普及 その5
              0
                こんばんは。
                しげ@席主です。

                北九州への将棋普及に関する続編、というか報告です。

                以前の記事
                北九州への将棋普及
                北九州への将棋普及 その2
                北九州への将棋普及 その3
                北九州への将棋普及 その4

                とりあえずやってみよう!の気持ちで導入した「普及会員制度」ですが、今日、初めての申込みがありました(^^

                普及会員第1号は女性の方です。
                たくさん指しに来てくれたらいいなぁ・・・

                まぁ、小さな普及活動ではありますが、ようやく第一歩を踏み出せました。
                長く続けられる活動にするべく頑張ります!

                ご利用可能の方は、ぜひぜひお申込みください。
                盤の前でお待ちしております(笑)
                posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 18:50 | comments(0) | - |
                北九州への将棋普及 その4
                0

                  おはようございます。
                  しげ@席主です。

                  北九州への将棋普及に関する続編です。

                  以前の記事
                  北九州への将棋普及
                  北九州への将棋普及 その2
                  北九州への将棋普及 その3

                  若干修正を重ねて、やってみることにしました!
                  平日限定という点で、利用者がいるかどうかは難しいところですが・・・

                  あまり悩んでもしょうがないので、できる範囲でってことで(^^

                  普及会員制度導入のお知らせ

                  少しずつでも成長するために、前に進みたいと思います!

                  posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 07:24 | comments(0) | - |
                  北九州への将棋普及 その3
                  0

                    こんにちは。
                    しげ@席主です。

                    北九州への将棋普及に関する続編です。

                    以前の記事
                    北九州への将棋普及
                    北九州への将棋普及 その2

                    昨日の時点で考えていた部活動支援という形での普及案ですが、自分なりに気になる問題点がいくつかありました。

                    1.将棋部がないと申請できない。
                    将棋部のない学校の生徒はどうするのか?

                    2.将棋部があっても、人数が足りないと利用できない
                    どの将棋部も5人以上いるわけではないですしね(^^;

                    結果、申請のハードルが高すぎて利用者がいないのでは、そもそも普及になってない(汗)

                    というわけで、自分のアイディアといくつかの意見を取り入れて、さらに改良を考えました。
                    自分の道場なので、適当に臨機応変に変更ができるのが良いところですね(^^;

                    で、今度は部活動支援ではなくて、学生・女性支援の形の案です。

                    1.大学・高校・中学の学生および女性が対象
                    2.平日営業日を格安料金(一律月1,000円)で利用可能
                    3.利用期間は3ヶ月契約(利用開始月を含む3ヶ月の月末まで:継続更新可)
                    4.1名から本人による申請可能(同一学校であれば、代表者による一括申込みも可)
                    5.土日祝を利用する場合は、日払い料金を支払うか、もしくはフリー会員との差額を支払う

                    以上です。

                    要は、学生および女性のみ許可する格安(たぶん)の平日会員ですね。
                    学校・用事の帰りにでも立ち寄って、好きなだけ指して帰ることができる、ということで(^^

                    これなら利用者がそこそこいるんじゃないかなぁ?
                    ただ、一定数の定員を決めないといけないでしょうけどね。

                    うちはあくまで「道場」なので、基本は将棋を指す環境の提供をメインに普及活動をやりたいと思います。

                    大体イメージはこんな感じで固まってきました。

                    ご意見・ご要望もしくはこの条件なら利用したい、という嬉しいコメント(笑)をお待ちしております。

                    ※追記 
                    契約継続可能回数を現在考慮中。

                    1.1回限り(最長3ヶ月)
                    これなら、多くの人に利用してもらえる点で普及活動っぽい。

                    2.2回まで(最長6ヶ月)
                    せめて半年ぐらいないと、成果が出ないかな?

                    3.基本的に限度なし
                    何か特に理由がないかぎり、更新可能

                    どうなんだろ(^^;

                    posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 11:20 | comments(4) | - |
                    北九州への将棋普及 その2
                    0

                      こんばんは。
                      しげ@席主です。

                      夕方からずっと寝てたので、変な時間に目が覚めてしまった(^^;
                      妙に目が冴えて眠れない・・・

                      ってことでブログ更新(笑)

                      以前書いた記事「北九州への将棋普及」の続編です。

                      前回挙げた案の中から、とりあえず(3)の部活動支援を若干修正した形でやってみようかな、と考えています。

                      現在の大まかなイメージとしては、

                      1.大学・高校・中学の将棋部が対象
                      2.平日営業日を格安料金(月1000円くらい)で利用可能
                      3.利用者は5名以上で、中学・高校に関しては、将棋部顧問からの申請が必要

                      という感じです。

                      結構、申請条件が厳しい気もしてます(汗)
                      この条件で申込みがあるかなぁ・・・

                      将棋部のある学校となると、だいぶ限られちゃいますしね。
                      将棋部のない学校の場合、同一学校で5名以上であれば申請可にするとか?

                      かといって、いくら普及活動とはいえ、ゆるゆるな申請条件にして道場のキャパを超えても困っちゃうし(汗)

                      何らかの括りは必要だと思っています。

                      何かご意見・ご要望等ございましたら、コメントお願いいたします<(_ _)>

                      posted by: しげ@席主 | 徒然なるままに | 02:07 | comments(2) | - |